京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

食品表示に関する相談

加工食品や生鮮食品を販売する際には,容器包装の見やすい箇所や製品に近接した場所などに,名称や原産地などの事項を記載しなければなりません。
食品の種類や表示事項によって担当する部署が異なりますので,「どのように表示すべきか」等ご相談される際は,下記をご参照ください。

京都市消費生活総合センターが担当する内容
○内容
・加工食品又は生鮮食品の名称(医療衛生センターでも担当しています)
・加工食品又は生鮮食品の原産地
・加工食品の原材料名(添加物を除く)
・加工食品の原料原産地名
・加工食品の内容量又は固形量及び内容総量
・加工食品の表示責任者の氏名及び住所
・遺伝子組換え食品に関すること(医療衛生センターでも担当しています)
○ご相談窓口
京都市文化市民局くらし安全推進部消費生活総合センター
電話 075-256-1110

京都市医療衛生センターが担当する内容
○内容
・加工食品又は生鮮食品の名称(消費生活総合センターでも担当しています)
・加工食品の保存の方法
・加工食品の消費期限又は賞味期限
・加工食品の添加物
・加工食品の製造所又は加工所の所在地
・加工食品のアレルゲン表示
・遺伝子組換え食品に関すること(消費生活総合センターでも担当しています)
○ご相談窓口
京都市保健福祉局医療衛生センター
電話 北区,上京区,左京区,東山区担当 075-746-7211
中京区,下京区担当        075-746-7212
山科区,南区,伏見区担当     075-746-7213
右京区,西京区担当        075-746-7214

京都市健康長寿企画課が担当する内容
○内容
・栄養成分表示に関すること
・特定保健用食品に関すること
・栄養機能食品に関すること
・機能性表示食品に関すること
・健康の保持増進等に係る虚偽誇大広告に関すること
○ご相談窓口
京都市保健福祉局健康長寿企画課
電話 075-222-3424

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

ページの先頭へ