京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

多重債務相談

京都市では,多重債務で悩んでおられる方に「安心につながる情報の提供」や「債務整理方法等に関する情報の提供」,「債務状況の把握」,「弁護士等の専門相談窓口への確実な取次ぎ」など,専門家への橋渡しのための相談を実施しています。来所による相談のほか,電話での相談にも応じています。

《多重債務 相談ダイヤル》

TEL 075-256-3160(さいむゼロ)
毎週月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで

あきらめないで!多重債務は必ず解決できます!

チラシ画像

多重債務 借金問題でお困りの方へ
消費生活総合センター(消費生活専門相談員)が解決に向けてお手伝いします。

一刻も早く御相談を!

  • 返済のための新たな借金は,解決にはなりません。
  • 迷わずに当センターの相談窓口に御相談ください。法律の専門家への橋渡しをさせていただきます。
  • 専門家に任せれば,厳しい取立ては止まります。
  • 過払金があれば,返金される可能性があります。

まずは御相談ください!

消費生活総合センター 多重債務相談専用 電話 256-3160(さいむゼロ)

その他の消費生活に関する相談は 消費生活相談専用 電話 256-0800

相談時間 午前9時から午後5時まで(土,日,祝日,年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。)

多重債務の解決方法

1.まずは御相談を!

解決の糸口が見つかります。

2.当センターへ相談(無料・秘密厳守)

3.弁護士会や司法書士会による無料相談

あなたに代わって予約等を行います。
※民事法律扶助制度(資力が乏しい等の場合には立替制度があります。)

4.弁護士や司法書士の受任

債務整理を受任した弁護士,司法書士が,貸金業者にその旨を通知すれば取立てがとまります。

5.状況に応じた解決

任意整理

こんな場合→借金総額が比較的少ない,「引き直し計算」で減額が見込まれる

裁判所を通さず、債権者と弁護士などの間で返済方法を和解します。(任意整理の流れの図)

特定調停

こんな場合→借金している貸金業者が少ない,「引き直し計算」で減額が見込まれる

裁判所が債権者と債務者の間に立って、利害関係を調整します。(特定調停の流れの図)

個人版民事再生

こんな場合→借金している貸金業者の数や借金総額は多いが,給与等の定期的な収入がある

裁判所が認可した再生計画に基づき、債務を返済します。(個人版民事再生の流れの図)

自己破産

こんな場合→返済の見込みがない場合

裁判所を通じて債務の支払を免責してもらいます。(自己破産の流れの図)

民事法律扶助制度

資力が乏しい等の場合には立替制度があります。

民事法律扶助制度とは

資力の乏しい方が法的トラブルにあったときに,裁判費用や弁護士・司法書士の費用の立替えを行う制度です。
(収入等の資力や解決の見込みなど,扶助制度の適用の要件があります。)

法律扶助を受けるには

法律扶助の申込みは,弁護士や司法書士を通じて行いますので,まずは,弁護士会や司法書士会の無料相談を受けてください。

お支払い

立て替えた費用については,原則として毎月分割で償還(お支払い)していただきます(無利息)。
※詳しくは,法テラスのホームページを御覧ください。

平成22年6月の貸金業法が改正され,貸金業者からの借入れが大きくかわりました。

上限金利の引き下げと借入総額の規制についての図

悪質業者に気を付けましょう

次のような悪質業者の被害に遭った場合は,すぐに警察に届けましょう。

ヤミ金融(国(財務局)や都道府県への無登録業者)

法外な高金利が特徴で,出資法の上限金利をはるかに上回る金利で貸し付けています。また,暴力的,脅迫的な取立てを行います。法的には,ヤミ金融からの借入金を返済する義務はありません。

融資保証金詐欺

ダイレクトメールやハガキ,広告等で「低金利ですぐ融資」などという甘い言葉を用いて融資を勧誘し,「保証金として」と言って現金を振り込ませて,だまし取ります。どのような名目であっても融資を前提に現金を振り込ませることはありません。

法律専門家の多重債務相談窓口

京都弁護士会

クレジット・サラ金相談(初回無料)

日時:月曜日から金曜日 午前9時30分から正午まで,午後1時から午後3時30分まで
場所:京都弁護士会館(京都市中京区富小路通丸太町下る)
電話:075-231-2378

夜間クレジット・サラ金相談(初回無料)

日時:月曜日・水曜日・金曜日 午後6時から午後8時30分まで
場所:京都駅前法律相談センター(山崎メディカルビル6階(ヨドバシカメラ南側))
電話:075-231-2378

※両相談ともに予約優先

多重債務電話無料相談(無料)

日時:月曜日から金曜日 午後1時から午後3時30分まで
電話:075-231-8855

京都司法書士会

場所:京都司法書士会総合相談センター(京都市中京区柳馬場通夷川上る五丁目232番地の1)
電話:075-255-2566

※全て予約制

多重債務相談(無料)

日時:月曜日・水曜日・金曜日 午後3時から5時まで
場所:京都司法書士会総合相談センター(京都市中京区柳馬場通夷川上る五丁目232番地の1)
電話:075-255-2566

夜間相談(無料)

日時:木曜日 午後7時から午後9時まで

土曜相談(無料)

日時:土曜日 午前10時から正午まで

日曜相談(無料)

日時:日曜日 午後2時から午後5時まで

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

よく寄せられる相談事例をご紹介:消費生活相談事例集

よく分かる!クーリング・オフ制度

知っておきたい未成年者契約の取消し

出前講座:お住まいの地域の学習会に講師を派遣します(無料)

教材貸出:消費生活に関する図書・視聴覚教材の閲覧・貸出しを行っています

動画:インターネットトラブルにご注意を!

動画:マルチな罠〜身近に潜む甘い商法

消費者川柳募集!

消費生活学習すごろく(要Adobe Flash Player)

SNSで情報配信中 facebooktwitter

ページの先頭へ