京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

クーリングオフ制度

クーリング・オフによる契約の解除

イラスト
センターのキャラクター
「クーリング・オフマン」

「クーリング・オフ」とは,訪問販売や電話勧誘販売などで契約をした場合,契約を受け取った日から一定の期間内であれば無条件で契約を解約できる制度です。

下表のようなケースの場合,契約は無条件で解除することができます。代金を支払っている場合は返金され,事業者の負担で原状回復(商品の引き取り,着払いでの返送など)されます。

クーリング・オフができる主な取引

取引内容 勧誘方法・契約内容 期間
訪問販売 自宅などへの訪問,キャッチセールス(営業所以外の場所から誘い,来訪させる),アポイントメントセールス(販売目的を隠して誘う)。 8日
電話勧誘販売 自宅などに電話をかけてきて勧誘する。 8日
連鎖販売取引 他の人を販売員として加入させると利益が得られると勧誘し,商品やサービスを販売する(マルチ商法やネットワークビジネスとも)。 20日
特定継続的役務提供 エステ,語学教室,学習塾,家庭教師,パソコン教室,結婚相手紹介サービス(エステは1カ月,その他は2カ月を超える期間,5万円を超える金額の契約) 8日
業務提供誘引販売取引 仕事を紹介するので収入が得られると勧誘し,仕事に必要だからといって商品やサービスを販売する。 20日
訪問購入 自宅を訪問し,貴金属等を買い取る。 8日

※現金で3,000円未満の場合はクーリング・オフができません(訪問購入を除く)。
※期間の起算日は契約書を受け取った日を含みます。
※事業者から「この契約はクーリング・オフできない」など虚偽の説明をされたときや契約書に不備がある場合などは,上記期間を過ぎてもクーリング・オフができます。

クーリング・オフ通知の書き方

クーリング・オフをするときは,下記の例を参考に書面を作成し,特定記録郵便で送付してください。また,郵便を出す前にはがきの両面をコピーし,保管してください。

郵便はがき (表面 宛先) ◯◯市◯◯区◯◯町◯丁目◯◯番地 ◯◯株式会社 代表者 様 (裏面) 契約解除通知書 契約(申込み)年月日 販売会社名 担当者名 商品名 契約金額 上記の契約は解除します。平成◯年◯月◯日 京都市◯区◯◯町◯◯番地 ◯◯ ◯◯(契約者氏名を記入)
※クレジット契約をした場合は,クレジット会社と販売会社へ同時にクーリング・オフ通知をする必要があります。

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

よく寄せられる相談事例をご紹介:消費生活相談事例集

よく分かる!クーリング・オフ制度

知っておきたい未成年者契約の取消し

出前講座:お住まいの地域の学習会に講師を派遣します(無料)

教材貸出:消費生活に関する図書・視聴覚教材の閲覧・貸出しを行っています

動画:インターネットトラブルにご注意を!

動画:マルチな罠〜身近に潜む甘い商法

消費者川柳募集!

消費生活学習すごろく(要Adobe Flash Player)

SNSで情報配信中 facebooktwitter

ページの先頭へ