京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

【緊急情報】消費者センター職員をかたる不審な電話に御注意ください!

消費者センターを名乗る男から電話があり,通帳とカードをだまし取られ,お金を引き出されるといった次のような被害が京都市内で発生しています。

<発生事例>

消費者センターを名乗る男から「3箇所にAさんの名前が出ている。そのうち2つは止めてくれた。あとの1つは,代わりの人がいないと消すことができない」との電話があった。

その後,再び男から「代わりの人が決まった。関係先に電話するように」と電話があり,電話番号を教えられた。

Aさんは,男から教えられた電話番号に電話したところ,会社名やボランティアの代理人,弁護士を名乗る男らから「大変なことになる」,「金融庁に顔が利くので,口座を止めます」,「通帳とカードを用意してください」,「今から,代わりの者が通帳などを取りに行きます」などと言われた。

信用したAさんは,自宅に現れた男に通帳とカードを渡してしまった。

消費生活総合センターが相談者からの相談もなく

  • 「個人情報の登録を取り消してあげる」
  • 「過去の被害や損失を取り戻すことができる」
  • 「投資被害を返金する」
  • 「医療費や年金の還付金がある」
  • 「被害回復のために電話するように」

などと電話をかけてお金や通帳等を要求したり,個人情報を聞き出すことは絶対にありません。

<アドバイス>

  • 消費生活総合センターからは相談を受けていない消費者の方へ電話をかけることはありません!
  • 被害の多くは高齢者のため,日頃から家族など身近な人が本人の様子の変化などに注意してください!
  • 不審な訪問や電話等があった場合は,最寄りの警察署や消費生活総合センター(256-0800)に連絡してください!

<最寄りの警察署>

警察署名 電話番号
075-493-0110
上京 075-465-0110
下鴨 075-703-0110
川端 075-771-0110
中京 075-823-0110
東山 075-525-0110
警察署名 電話番号
山科 075-575-0110
下京 075-352-0110
075-682-0110
右京 075-865-0110
西京 075-391-0110
伏見 075-602-0110
 

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

よく寄せられる相談事例をご紹介:消費生活相談事例集

よく分かる!クーリング・オフ制度

知っておきたい未成年者契約の取消し

出前講座:お住まいの地域の学習会に講師を派遣します(無料)

教材貸出:消費生活に関する図書・視聴覚教材の閲覧・貸出しを行っています

動画:特殊詐欺啓発動画

動画:インターネットトラブルにご注意を!

動画:マルチな罠〜身近に潜む甘い商法

消費者川柳募集!

消費生活学習すごろく(要Adobe Flash Player)

SNSで情報配信中 facebooktwitter

ページの先頭へ