京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

【緊急情報】新元号「令和」への改元に便乗した詐欺にご注意ください!!

本年5月1日から,元号が「令和」に変わることが公表されました。

今後,詐欺グループが改元に便乗し,

  • 元号が変わるため,今持っているキャッシュカードが使えなくなる
  • 元号が変わり銀行法が改正されるので,カードを交換する

等とかたり,自宅にアポ電(※)がかかってきたり,キャッシュカードを郵送させるための封書が送りつけられる等の新たな詐欺の手口による被害が予想されます。

※ アポ電(アポイント電話・アポイントメント電話)とは,公的な機関や実在する企業,家族をかたり,家族構成や資産状況などを聞き出したり,相手を信用させたりすること等を目的にかける電話です。

アポ電には,自宅の固定電話対策が有効です。

  • 電話の相手に「通話を録音する」と警告アナウンスを流す防犯機能付電話機を使用する
  • 番号表示サービスを利用し,非通知電話や知らない電話番号には出ない

<アドバイス>

  • 相手が親族を名乗っても,お金の話が出たら,必ず自分が知っている親族の電話番号にかけ直して確認しましょう。
  • 不審な電話や封書があれば,すぐに110番してください。

 

<京都市消費生活総合センター>

電話 075-256-0800 平日の午前9時~午後5時

※ 京都市以外の方は,消費者ホットライン(局番なし)188

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

ページの先頭へ