京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

【緊急情報】「特別定額給付金」を装った詐欺に御注意ください!

「特別定額給付金」に関して,以下に御注意ください。

〇 暗証番号,口座番号,通帳,キャッシュカード,マイナンバーは

「絶対に教えない!渡さない!」

〇 市区町村や総務省などが以下を行うことは絶対にありません!

  •  現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
  •  受給に当たり,手数料の振込みを求めること
  •  メールを送り,URLをクリックして申請手続を求めること

 

給付金等の詐欺が疑われる相談事例

  •  高齢の母が訪問してきた誰かに銀行通帳やマイナンバーカードを渡してしまった。定額給付金の支給に合わせてだまし取られたのだと思う。
  •  給付金の手続ができると思いアクセスしたサイトに,マイナンバーカードの情報を教えてしまった。
  •  登録してもいないのに,役所からメールで特別定額給付金の手続が始まったと案内が来た。
  •  携帯電話会社を名乗るメールが届き,記載のURLにアクセスして特別定額給付金の申請をするよう案内された。

 

「怪しいな?」と思ったら遠慮なく御相談ください。

御自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話が掛かってきたり,郵便,メールが届いたら,お住まいの市区町村や最寄りの警察署又は以下の窓口まで御相談ください。

警察相談専用電話 #9110

新型コロナウイルス給付⾦関連 消費者ホットライン 0120-213-188(午前10時から午後4時まで,土日祝日を含む)

京都市消費生活総合センター 075⁻256⁻0800(平日の午前9時から午後5時まで)

※ 京都市以外の方は消費者ホットラインまで(局番なし) 188

以下,ホームページも併せて御覧ください。

特別定額給付金を装った詐欺に御注意ください

「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」の受付状況(第1報)-通帳やマイナンバーなどは、絶対に教えない!渡さない!-

「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」を御利用ください

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

ページの先頭へ