京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

「ともに築こう豊かな消費社会~誰一人取り残さない2019~」の開催について

「消費者基本法」の前身に当たる「消費者保護基本法」が施行され,昭和63年5月で20周年を迎えたことを機に,国において毎年5月を「消費者月間」と定めています。
これを受け,消費者庁では毎年統一テーマを設定し,このテーマの下,全国で消費者,事業者,行政が一体となり,消費者啓発や学習会などの様々な取組を行っています。
この度,京都市,京都府及びNPO法人コンシューマーズ京都においても,下記の取組を実施しますので,お知らせします。

1 日時

令和元年5月18日(土)午後1時30分~午後5時(開場:午後1時)

2 会場

京都市男女共同参画センター ウィングス京都イベントホール
(京都市中京区東洞院六角下る御射山町262番地)
※ 一般来館者用の駐車場はありませんので,
本施設へお越しの際は,電車・バスなど公共交通機関を御利用ください。

3 内容

<記念講演>
「SDGsと消費者市民社会」
~エシカルな消費で誰もが豊かで安心してくらせる社会をつくろう~
講師 阿南 久 氏(元消費者庁長官,公益財団法人横浜市消費者協会理事長,
消費者市民社会をつくる会代表)

<同時上映>
「ザ・トゥルーコスト ~ファストファッション 真の代償~」
ファッション業界でも大量生産・大量消費が問題化
誰かの犠牲の上に成り立つファッションに変化が起き始めた!
トレンドはエシカル&フェアトレード・ファッション
ファッション産業の今と,向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー

4 定員等

240名(参加費無料/事前申し込み不要 ※先着順)

5 主催

京都市・京都府・NPO法人コンシューマーズ京都

<参考> 平成31年度消費者月間統一テーマ

「ともに築こう 豊かな消費社会 ~誰一人取り残さない2019~」

2015年9月に国連の持続可能な開発サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は,経済・社会・環境をめぐる広範な課題について,全ての関係者の役割を重視し,「誰一人取り残さない」世界の実現を目指す国際目標です。
日本政府は2016年5月にSDGs推進本部を立ち上げ,企業,地方公共団体,NGO,消費者など,様々なステークホルダーとの連携の下,「豊かで活力ある未来像」を創るため,具体的な施策に取り組んでいます。
消費者庁においても,この国際目標の達成に寄与するため,安全・安心で豊かに暮らすことができる社会を実現するという使命の下,消費者利益の擁護・増進のための相談体制の整備はもとより,「エシカル消費」の普及・啓発を含む消費者教育の推進や,消費者志向経営の推進,食品ロス削減を目指す国民運動の展開,子どもの事故防止のための啓発活動などの施策を実施しています。
また,消費者が安全・安心で豊かに暮らすことができる社会の実現に向け,消費者,事業者,地方公共団体,国などの全てのステークホルダーが共通の目標を共有し,連携して行動することのきっかけとするため,平成30年度消費者月間においては,「ともに築こう 豊かな消費社会 ~誰一人取り残さない~」を統一テーマに掲げました。
様々な主体が連携し,誰にとっても等しく豊かな消費社会を構築するためには,今後も継続的な取組が重要です。
そこで,引き続き,様々な主体が当事者としてそれぞれの役割について考え,連携して行動していただくためのきっかけとなるよう,平成31年度の消費者月間でも,「ともに築こう 豊かな消費社会 ~誰一人取り残さない 2019~」を統一テーマとして掲げます。

 

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

ページの先頭へ