京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

消費者教育教材「消費者市民の育成を目指して」の作成について

京都市では,平成27年3月に策定した「ともに考え・学び・行動する 消費生活プラン(京都市消費者教育推進計画)」に基づき,年齢階層やライフスタイルに応じて,京都ならではの消費者教育を推進しています。

その一環として,中学校で消費者教育を実施する際に活用していただけるよう,実生活に即した場面で実践的・体験的に学べる消費者教育教材「消費者市民の育成を目指して」を作成しましたので,お知らせします。

この教材は,市内の中学校向けに消費者教育教材として貸出しをします。

 

※消費者市民

自分のことだけでなく,周りの人や社会,地球環境のことも考えて行動する消費者のこと。

教材の内容

(1)「Tシャツを選ぼう! ~消費行動における意思決定プロセスを学ぶ~」

「購入目的に合ったTシャツを買う」という場面を想定し,いろいろな情報をもとに,4種類のTシャツから1つのTシャツを選ぶ体験をすることで,自分の消費の仕方について考えます。

 

(2)「自転車事故から考えよう! ~消費行動による社会参画を学ぶ~」

自転車で事故にあうというストーリーの「すごろく」をプレイしながら,消費者の基本的な権利と責任について学習します。自分の消費行動を社会と環境との関わりから見直し,自分でできることを考えます。

教材の特徴

(1)自分が実際に消費行動をする場面を具体的にイメージでき,実感できる消費者教育教材

(2)ICT(プレゼンテーション)を活用し,授業展開の効率化

(3)学習班を4~5人の少人数に設定し,情報カード等のセットを各班に用意

(4)意見交換を重視し,多様な考えに気付かせる学習場面を設定

(5)考え方の移りかわりを読み取れるような生徒用ワークシートを作成

(6)教員用のアジェンダを添付

作成数

各12セット

その他

この教材は,当センターから消費者教育教材として貸出しをするほか,京都市総合教育センターにも貸出用教材として備え,中学校等の先生方に御利用いただきます。

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

よく寄せられる相談事例をご紹介:消費生活相談事例集

よく分かる!クーリング・オフ制度

知っておきたい未成年者契約の取消し

出前講座:お住まいの地域の学習会に講師を派遣します(無料)

教材貸出:消費生活に関する図書・視聴覚教材の閲覧・貸出しを行っています

動画:インターネットトラブルにご注意を!

動画:マルチな罠〜身近に潜む甘い商法

消費者川柳募集!

消費生活学習すごろく(要Adobe Flash Player)

SNSで情報配信中 facebooktwitter

ページの先頭へ