京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

知っておきたい未成年者契約の取消

未成年者(20歳未満の者)が契約を行う場合は,法定代理人(親権者等)の同意を得る必要があります。未成年者が法定代理人の同意を得ずに行った契約は,未成年者本人や法定代理人が取り消すことができます。
契約が取り消されると,代金を支払う義務はなくなり,既に代金を支払っている場合は返金を請求できます。
また,商品等を受け取っている場合は現状のまま返品し,使用料を支払う義務はありません。
ただし,以下の場合は契約を取り消すことができません。

未成年者契約の取消しができない場合

  1. 親権者の同意を得て行った契約
  2. 小遣いや仕送りなどの範囲内で行った契約
  3. 結婚している未成年者が行った契約
  4. 営業している未成年者が,その営業に関して行った契約
  5. 「成年者である」「親の同意を得ている」などと偽った場合
  6. 成人に達してから商品やサービスを受けたり,代金を支払った場合
  7. 未成年者が成人に達してから5年を経過した場合

未成年者契約の取消通知の書き方

未成年者契約の取消しをするときは,下記の例を参考に書面を作成し,特定記録郵便で送付してください。また,郵便を出す前に書面をコピーし,保管してください。

(1)未成年者本人から通知を出すときの例

取消通知書:○○市○○区○○町○丁目○○番地○○株式会社 代表者○○○○ 様私は平成○○年○月○日に貴社との間で<商品名等>(価格○○円)の売買契約を締結しましたが,未成年者の私が親の同意を得ずに行ったものであり,契約の取消しを通知します。つきましては,当該契約に際して支払いました金○○円は,至急下記の口座に振り込んでください。○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○ 名義人○○○○また,保管中の商品を返品しますので,送付先を指定してください。平成○○年○月○日京都市○○区○○町○○番地○○ ○○(本人氏名を記入)

(2)未成年者の親権者から通知を出すときの例

取消通知書:○○市○○区○○町○丁目○○番地 ○○株式会社 代表者○○○○ 様 私どもの子ども○○○○(○○歳)が平成○○年○月○日に貴社との間で<商品名等>(価格○○円)の売買契約を締結しましたが,未成年者が親の同意を得ずに行ったものであり,親権者として契約の取り消しを通知します。つきましては,当該契約に際して支払いました金○○円は,至急下記の口座に振り込んでください。○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○ 名義人○○○○また,保管中の商品を返品しますので,送付先を指定してください。平成○○年○月○日 京都市○○区○○町○○番地 ○○ ○○(親権者氏名を記入)

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-256-0800
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

よく寄せられる相談事例をご紹介:消費生活相談事例集

よく分かる!クーリング・オフ制度

知っておきたい未成年者契約の取消し

出前講座:お住まいの地域の学習会に講師を派遣します(無料)

教材貸出:消費生活に関する図書・視聴覚教材の閲覧・貸出しを行っています

動画:インターネットトラブルにご注意を!

動画:マルチな罠〜身近に潜む甘い商法

消費者川柳募集!

消費生活学習すごろく(要Adobe Flash Player)

SNSで情報配信中 facebooktwitter

ページの先頭へ