京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

令和4年度消費者月間「若者の未来を考える!18歳から狙われる消費者被害」

令和4年度消費者月間「若者の未来を考える!18歳から狙われる消費者被害」の実施について

 「消費者基本法」の前身に当たる「消費者保護基本法」が施行され,昭和63年5月で20周年を迎えたことを機に,国において毎年5月を「消費者月間」と定めています。

これを受け,消費者庁において毎年統一テーマが定められ,このテーマの下,消費者,事業者,国や地方公共団体等の行政が一体となり,全国で消費者啓発や学習会などの様々な取組が行われます。

京都市でもこの度,京都府及びNPO法人コンシューマーズ京都との共催により,以下の取組を実施しますので,お知らせします。

1 日時

 令和3年5月29日(日曜日)午後2時30分~午後4時30分(開場:午後2時)

2 会場

 京都経済センター3階 会議室3-F

(京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地)

3 内容

 消費者トラブルに巻き込まれないよう,若年者自身がどのようなことに注意すればよいのか,また,周りの大人たちはどのように見守ればよいのか等,成年を迎えた若年者の未来について,講演とパネルディスカッションを通して考えます!
 ・講演講師 髙嶌 英弘(たかしま ひでひろ) 氏
  (京都産業大学法学部教授,NPO法人京都消費者契約ネットワーク理事)

4 参加方法

(1) 当日会場での参加 定員50名(参加費無料 先着順)

(2) Zoomウェビナーにてオンラインでの参加

・申込時に記載されたメールアドレス宛てに招待用のURLを送信します。
・通信料は参加者負担となります。

5 申込方法

 氏名,電話番号,参加方法(上記(1)又は(2)),Zoom招待URLをお送りするメールアドレス((2)の場合のみ)を添えて,ホームページ,メール又はFAXでお申し込みください。

【申込期間】令和4年5月1日(日曜日)~5月25日(水曜日)

【申込先】 NPO法人コンシューマーズ京都

HP:https://consumers-kyoto.net/

FAX:075-251-1003

メール:syodanren@mc2.seikyou.ne.jp
件名「5月29日申込み」とし,上記と同様の事項を記載してください。

6 主催

 京都市,京都府及びNPO法人コンシューマーズ京都

7 問合せ先

 京都市文化市民局くらし安全推進部 消費生活総合センター

TEL:075-366-2250

8 その他留意事項

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,当日会場での参加の際は,マスクを着用するなど咳エチケット等を心掛けていただくとともに,当日の体調に御配慮いただき,咳や発熱などの症状がある方は参加を御遠慮いただきますようお願いします。

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-366-1319
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

ページの先頭へ