京都市消費生活総合センター

本文へ ふりがな ふりがなをつける文字サイズ 標準拡大画面色 白黒反転

出前講座

「出前講座」に係る新型コロナウイルス感染症対策について

お申込みに当たってのお願い

〇参加人数について、国や府、市が要請する要件を満たしているかご確認ください。

〇3密((1)換気の悪い密閉空間(2)多くの人の密集(3)近距離での会話)の条件を満たさないように対策してください。

〇会場の設営に当たり、人との間隔はできるだけ空けてください(できれば2m(最低1m))。

〇会場入口及び会場内にアルコール消毒液を設置し、入退場の際にご利用をお願いします。

〇参加される方は必ずマスクを着用してください。また、主催者の方は咳エチケットを呼掛けてください。

〇風邪のような症状のある方、発熱のある方の参加はお断り願います。

〇体調にご不安のある方の中で、特に高齢者(65歳以上)、妊婦、基礎疾患等(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等))がある方につきましては、参加について慎重なご判断をお願いします。

〇感染が発生した場合に備え、利用者等の名簿(氏名・緊急連絡先)を保管してください。

【参考】京都府ホームページ

【京都府】現状を踏まえた今後の対応 WITHコロナ時代の新しいライフスタイルの定着を目指して

別紙(イベント開催制限の段階的緩和の目安)

 

「悪質商法の手口とその対処法」の情報をお届けします。

ぜひご利用ください!(無料です!)

京都市消費生活総合センターの消費生活専門相談員などが「悪質商法の手口と対処法」について出前講座を行います。

 

消費生活総合センターでは、各年代から幅広い分野のご相談を受けています。

各年齢層のうち、70歳以上の方からの相談件数が全体の約2割を占めており、相談内容では通信販売、特に化粧品・健康食品の定期購入に関する相談が高い割合となっています。

  • 「突然電話や訪問でセールスされて、断り切れず契約してしまった。」
  • 「クーリング・オフはできないと言われ、支払を求められた。」
  • 「通信販売で購入したものが届かない。相手の事業者と連絡が取れない。」

被害に遭っても「自分が悪い」と思い、誰にも相談できなかったり、相談先が分からなかったりすることが多いようです。地域の皆さんで声を掛け合い、何かあったときに早く相談してもらうことで、被害を最小限にすることができます。

ぜひ、地域での出前講座をご検討ください!

お申込みは・・・

  • 対  象:市内に在住、在勤又は通学される方々の団体、グループ
  • 人  数:1講座10名以上
  • 講座時間:45分
  • 申込方法:まずは希望日の1箇月前までに、お電話で事前にスケジュールの空き状況をお問い合わせください。空きがあれば、申請書に希望日時(第3希望まで)・会場・団体名・代表者名・連絡先・参加予定人数・同年齢層・その他希望する事項などを記入し、提出していただきます。
  • お申込先:京都市消費生活総合センター(〒604-8588 京都市中京区西堀川通御池下る西三坊町521 中京区総合庁舎3階 FAX075-366-2259)

ファイルダウンロード

事業所向け出前講座

ここからサイト内共通のコンテンツです

お気軽にご相談ください

消費生活相談

075-366-1319
【受付時間】月〜金 9:00〜17:00
その他、土日祝日電話相談、インターネット相談もあります
相談窓口一覧へ

ページの先頭へ